風邪・気管支炎・肺炎│川崎市宮前区,宮崎台,内科,内視鏡検査,健康診断,小野田医院

小野田医院

044-854-8821
〒216-0035 神奈川県川崎市宮前区馬絹526-7 第1ケーエービル

風邪・気管支炎・肺炎

風邪・気管支炎・肺炎

 のどからウイルスが入って、炎症をおこし、のどの痛み、くしゃみ、鼻みず、頭痛、だるさなどで、やがて鼻みずが粘り気をもってきて鼻が詰まったりしてきます。のどの炎症で治まる場合と、なかなか治らずに咳、痰、高熱などを伴い、気管支炎、肺炎などに進展する場合があります。特に高齢者や体力が落ちている場合は注意が必要です。早めの受診が勧められます。

  

風邪

 風邪の症状は主に、咳、たん、発熱、鼻水、のどの痛みなどの症状が現れます。
これは、鼻や口からウイルスが粘膜から感染して炎症を起こすためです。
症状に合わせてお薬を処方致します。

  

気管支炎

 風邪と同様に呼吸器系がウイルス等の感染により炎症を起こしている状態です。
又、症状の出方などによって分類されます。

  

急性気管支炎    :症状が急に現れるもの
慢性気管支炎    :継続的に気管支の炎症が続いている状態
アレルギー性気管支炎:原因となるアレルギー物質と接触した際に症状がでる
喘息性気管支炎   :かぜのウイルスなどの病原体が感染し、喘息に似た症状がでる
マイコプラズマ感染症:咳がとても強くなり、それが長びくのが特徴

 原因にもよりますが基本的には対症療法となることが多いです。

・咳止め
・気管支拡張剤
・抗アレルギー剤  等

  

肺炎

 高熱、咳、痰、胸の痛みなどの症状が出ます。重症化すると、呼吸困難となり、入院が必要となります。レントゲンで診断します。また肺炎の中でも最も原因になりやすい「肺炎球菌」による感染症については予防接種があります。定期接種ではポリサッカライドワクチンのニューモバックスが用いられますが、免疫記憶効果がないため、アメリカでは結合型ワクチンのプレベナーとニューモバックスの両方を接種することが勧められています。

pagetop